OneNote JavaScript APIプログラミング

OneNote Tips : 2018.05.07 Monday
OneNoteは Officeファミリーの1製品・サービス。ということは・・・「他のOffice製品などのように プログラムアクセスできるのでは?」と思い、調べてみると・・・Microsoft OfficeデベロッパーセンターというWebサイトに、OneNoteプログラミングについて まとめられていました。「JavaScriptだから何とかなるかな?」なんていう淡い期待を抱きながら ページを読み進め...。
onenote programing api javascript

OneNote AddIn=マニフェスト(XML設定ファイル)+Webページ(JavaScript/CSSなど)で構成される。
onenote add in

JavaScript APIには、OneNote固有APIと Office共通APIがある。OneNote用のJavaScript APIは、OneNote固有操作のAPIで OneNoteノートブック、セクション、ページなどのオブジェクトにアクセスできる。

JavaScript API Referenceは英語だけど、Application/Notebook/SectionGroup/Section/Pageなど 解りやすい名前なので 何となく読める感じです。

Sampleプログラムでは 「セクション内のページを列挙して Console表示」ぐらいしか載っていないのが ちょっと残念な感じ。

OneNoteのオブジェクトモデル図は 少し参考になりましたが。
onenote object model




OneNote 2016 ページバージョンの数は いくつ?

OneNote Tips : 2018.02.05 Monday

ページのバージョン

OneNote 2016アプリケーションで、[履歴]タブ [ページのバージョン]をクリックすると、ページのバージョンが表示できます。

OneNote Page Number Of Versions

OneNote 2016ノートブックの履歴とバージョンで説明しましたが、「このノートブックの履歴を無効にする」をクリックすると、ページのバージョンは保存されなくなります。

今回の記事は「有効」のまま、ページのバージョンが どのくらいの期間 保持されるかについてです。

Microsoft Forumの回答では

Microsoft Forumの回答では、「どのタイミングでバージョンが作成されるか」「どのぐらいの期間、バージョンが保存されるか」について書かれています。



どのタイミングでバージョンが作成されるか

以下の A) または B) のいずれかを行うたびに新しいバージョンを作成して、ページを更新します。
A) 作者が最後の変更と異なる場合
B) 固定した最後のバージョンから1時間が経過している場合

A)の条件で、同一作者の変更は まとめられたバージョンになる。
B)の条件で、1時間以内の変更は まとめられたバージョンになる。



どのぐらいの期間、バージョンが保存されるか

新しいバージョンを作成するたびに、既存のバージョンを調べて、いずれかを切り捨てる必要があるかどうかを確認します。既定の切り捨てルールは以下の通りです。
・最初の 2日間はすべての変更を保存します。
・それよりも古いものは、次の 5日間は1時間以内に最初のものを除くすべてを削除します。
・それよりも古いものは、最初の1日を除くすべての日を1日から 10日まで削除します。
・上記のすべての後、すべてのバージョンを削除します。

これら3つの数字(2, 5, 10)は、ポリシーでカスタマイズできます。
さらに、変更可能な設定が2つあります。
・バージョン切り捨ては、グローバルにオンまたはオフに切り替えることができます。
・4番目の数字は、他のルールに関係なく、任意のバージョンが削除されるまでの経過日数(日数)に設定できます。デフォルトでは-1(オフ)です。

プラグインされている番号にかかわらず、新しいバージョンを作成しているとき、または含まれているノートブックが最適化されているときにのみ、バージョンが切り捨てられます。

バージョンの動作パラメータはレジストリ変更

ページバージョンの動作パラメータは、レジストリ変更。OneNoteのレジストリに「Versions」キーを追加して、値を設定するらしいです。

HKEY_CURRENT_USER¥SOFTWARE¥Microsoft¥Office¥16.0¥OneNote¥Options¥Versions

OneNote Page Number Of Versions registry




OneNoteノートブックを別サイトに移動(コピー)する方法の比較

OneNote Tips : 2017.11.21 Tuesday
OneNoteノートブックをビジネスで使っていると、ノートブックを別サイトに移動することがあります。ノートブックの共有範囲を変更(広げる/狭める)するために OneDriveからSharePoint Onlineに移動したり、組織変更で SharePoint Onlineサイト上のノートブックを別のサイトに移動したり、サイトの容量が少なくなってきたので別のサイトに移動したり・・・といった感じで、半年に1回 から 1年に1回の頻度でノートブックを移動することがあるかと思われます。

OneNote移動(コピー)方法の概要

OneNoteノートブックを別サイトに移動(コピー)するには、「セクション コピー」と「パッケージ エクスポート」の2つがあります。

(1) セクション コピー
コピー元のノートブックから コピー先のノートブックに セクションコピーする方法です。
移動の場合は、コピー完了後に コピー元のノートブックを削除します。

(2) パッケージ エクスポート
コピー元のノートブックをパッケージ(*.onepkg)にエクスポートして、パッケージをもとにコピー先のノートブックを作成する方法です。
移動の場合は、コピー完了後に コピー元のノートブックを削除します。

OneNote移動(コピー)方法の比較

「深く考えない」のであれば、パッケージ方式で移動(コピー)するのが楽ですが...ファイルサイズ、サイトの容量などを考えると セクションコピー方式が適しているケースもあります。

OneNoteノートブックには、セクション(ページを含む)のデータ、ページごとの履歴、ごみ箱 の3データがあります。セクションコピーとパッケージエクスポートでのデータコピー有無は、以下の通りです。

セクション コピー

「セクション コピー」では、必要なセクションだけがコピーされ、履歴とごみ箱はコピーされません。セクションが多い場合は、コピー操作が大変になりますが、不要なごみデータをコピーしない分、データ容量は少なくなります。
OneNote Section Copy

パッケージ エクスポート

「パッケージ エクスポート」では、すべてのセクションと履歴はコピーされますが、ごみ箱はコピーされません。
OneNote Package Export

すべてのセクションをコピーするので データ容量の節約はイマイチ。履歴があるのは 過去にさかのぼれるメリットと 無駄なデータというデメリットのどちらを選択するか...ですかね。
パッケージの場合、展開する時に 展開先をURL指定する必要があり OneDrive とか、SharePointとかのサイトを使い慣れていない方にはハードルが高いかも。


どちらのコピーを使っても「ごみ箱」はコピーされないで、コピー元のノートブックを削除する前には 念入りに確認しないと...データロストの可能性ありですね。




OneNoteショートカットキーを使いこなして 作業を効率化する

OneNote Tips : 2017.10.31 Tuesday
Windows 10+OneNote 2016のショートカットキーを使えば、よく行う操作が 素早くできます。

Microsoftが公開している「Windows 10+OneNote 2016のショートカットキー」は盛りだくさんなので、ここでは それらショートカットキーを厳選してみました。

セクションの作成: Ctrl + T

OneNoteノートブックで、新しいセクションを作成するショートカットキーです。
OneNote Shortcut New Section

セクションで[+]をクリックするだけで、新しいセクションが作成できるから、ショートカットキーは使わないかな...。

ページの作成: Ctrl + N

OneNoteノートブックで、現在選択されているセクションの最後に新しいページを追加するショートカットキーです。
OneNote Shortcut New Page

[+ページの追加]をクリックするだけで、新しいページが作成できるから、ショートカットキーは使わないかな...。
まとめてページを作る時には、少し便利なのですが。

全体表示: F11

全体表示を有効(または無効)にするショートカットキーです。通常のリボン付き画面と、全画面表示の切り替えができます。
OneNote shortcut All Display

個人で OneNoteに 何か書いてるときには使いませんが...
会議などで OneNoteノートブックをプロジェクタ表示している時などに、巨大化するのに 使いますね。

検索ボックスを開く: Ctrl + F

検索ボックスを開いて、現在開いているすべてのノートブックを検索するショートカットキーです。
OneNote shortcut Searchbox

Ctrl + E でも同じ動作をしますが、Internet Explorerなどと同じショートカットキーの Ctrl+Fをよく使うかと。
色々とOneNoteノートブックに書きためた後に、「あれどこに書いたっけ?」という時に、使うショートカットキーです。
いつも右上に検索ボックスがあることを覚えていれば、ショートカットは不要なのですが...検索ボックスが隠れている時などには有用かも。




OneNoteセクションファイルをパスワードで保護する

OneNote Tips : 2017.10.31 Tuesday

OneNoteパスワード保護機能の概要

OneNoteには、Excelファイルのパスワード保護のような、機能があります。
OneNoteノートブックはWindowsフォルダ、OneNoteセクションはWindowsファイルなので、セクション単位(ファイル単位)でのパスワード保護機能です。

SharePoint Online、OneDrive for Business上に Excel,PDFなどのファイルを配置する場合は、サイトのアクセス権限でファイル閲覧可否などを制御するので、ファイル単位にパスワードがかかっていると ファイル閲覧するたびにパスワード入力が必要となり、使いにくいのですが・・・。そもそも、特定の人だけが利用するものであれば、ファイルにパスワードをかけるのではなく、サイト(またはライブラリ)を分割した方が サイト管理・利用が容易になります。

色々なものを OneNoteノートブック(のセクション、ページ)に入力した後に、特定のセクションは見せないようにしたい場合には、パスワード保護が有用になるかも...。

OneNoteパスワード保護機能の操作

1. OneNoteノートブックを OneNote 2016で開いて、セクション(タブ)を右クリックして [このセクションをパスワードで保護]をクリックします。
OneNote Section Password

2. 右側にパスワードのパネルが表示されたら、[パスワードの設定]をクリックします。
OneNote Section Password pannel Before

3. パスワード入力画面が表示されたら、パスワードを2か所に入力して、[OK]をクリックします。
OneNote Section Password setting

画面に注意書きが表示されているように、パスワードを忘れると OneNoteセクションは復旧できなくなりますので、注意しましょう。

4. パスワードが設定されたら、右側のパネルは一旦[×]で閉じましょう。
5. もう一度、セクション(タブ)を右クリックして [このセクションをパスワードで保護]をクリックして、パスワードのパネルを表示すると、[パスワードの変更]、[パスワードの解除]、[すべてロック]のボタンが有効化されます。
OneNote Section Password pannel after

6. OneNoteノートブックを閉じて、開きなおすと、パスワード保護が効き「このセクションはパスワードで保護されています。」メッセージが表示されて、セクション(およびセクション内の全ページ)が見えなくなります。
OneNote Section Password Lock

7. Enterキーを押すと、パスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力して[OK]をクリックすれば、セクション(およびセクション内の全ページ)が見えるようになります。
OneNote Section Password unlock

手順 5.の[すべてロック]をクリックすると、手順 6.の状態(パスワード保護がかかってセクションが見えない状態)になります。

OneNote Onelineでは パスワード保護機能はありません。OneNote 2016で セクションにパスワード設定した場合、OneNote Onlineでも パスワード保護されます。


最近の投稿記事




   風水吉凶方位 |  奇門遁甲 |  金運神社 |  金運本 |  水族館 |  仏像 |  論語 |  般若心経 |  庭園 |  二十四節気 |  菜根譚 | 
   SharePoint活用 |  OneNote活用 |  サーバー監視 |  イベントログ |  IT資産管理 |  技術TIPS