OneNoteエクスポート機能でノートブックを PDF,Wordなどに出力できる

OneNote Tips : 2017.09.19 Tuesday
OneNoteで様々なコンテンツを追加・編集していき、ある程度のコンテンツがたまったら、そのコンテンツを一部分だけWordで再利用したり、PDFに出力して印刷したりできます。

OneNote 2016で 出力したいページを選んで、リボン [ファイル]タブ、[エクスポート]で 出力形式が選択できます。

OneNoteには ノートブック、セクション、ページという階層がありますが それぞれの階層で、エクスポートできる形式が異なります。

(1) ノートブック のエクスポート

OneNote Export Notebook

OneNoteノートブックは、OneNoteパッケージ(*.onepkg),PDF,XPSの3種類のエクスポートがサポートされています。
小さなテーマでまとまったノートブックであれば、PDFファイルに一括出力ができて便利です。
様々なテーマを含んだノートブック、サイズが大きくなったノートブックのバックアップや移動には、OneNoteパッケージが便利です。

OneNoteパッケージ(*.onepkg)にエクスポートする画面では、パッケージに含める対象がノートブック、セクション、ページから選べます。つまり・・・エクスポートメニューからは あたかも「ノートブック単位」に見えますが、「セクション単位」「ページ単位」でもパッケージにできるという謎の仕様です。

(2) セクション のエクスポート

OneNote Export Section

OneNoteセクションは、OneNote 2010-2016セクション(*.one),Word文書,PDF,XPS,単一ファイル Webページへのエクスポートがサポートされています。
コンテンツの再利用では Word文書へのエクスポートが便利です。
Webページの下書きをOneNoteで作って Webページにエクスポートすれば 簡単に プレゼン用のWebページができますね。

(3) ページ のエクスポート

OneNote Export Page

OneNoteページは、OneNote 2010-2016セクション(*.one),Word文書,PDF,XPS,単一ファイル Webページへのエクスポートがサポートされています。
サポートされるエクスポート機能は セクションと同じですね。




OneNoteで YouTubeプレイリストを作って PCとスマホで共有

OneNote Tips : 2017.09.17 Sunday
YouTubeでは、音楽・お笑い・芸能ニュース・ネタなどの様々な動画が配信されていて、最高の「暇潰し」になります。プライベートで楽しめるYouTubeですが 近年はビジネス関係でも、IT製品・市場動向・ビジネスセミナーなどの動画もYouTubeで配信されることもあります。

YouTubeをプライベートで見ていると、延々と「次の動画」「次の動画」を見たり、「検索して動画見て」「検索して動画見て」を繰り返してしまいますが、「あの動画 どうやって見たっけ?」っと検索キーワード自体を忘れてしまうこともあります。

YouTubeで お気に入りの動画が見つかったら URLをコピーして、OneNoteに URLを貼ると 「タイトルと画面キャプチャー」が自動的に表示されて、解りやすいプレイリストが作れます。iTuneやWindows Media Playerのプレイリストと違って、連続再生はできませんが。

OneNote TouTube Playlist

OneNoteノートブックを OneDriveなどに置いて、PCとスマホで共有すれば、PCで色々検索して集めた YouTube動画プレイリストを、スマホでも使えて便利です。




OneNoteページで用紙サイズを設定しておくと 印刷の時に苦しまない

OneNote Tips : 2017.09.15 Friday
OneNoteノートブック内の各ページには、「用紙サイズ」の指定があります。ノートブックを開いて、ページを表示して リボン[表紙]-[用紙サイズ]をクリックすると、右側に用紙サイズのパネルが表示されます。

OneNote Page Size Menu

OneNote Page Size Pannel

既定値では、「サイズ:自動」となっています。この設定だと、自由にテキストを書いたり、表を挿入したりしていくと 用紙サイズが広がり 印刷するときに 用紙サイズの調整が必要になります。

そもそも「印刷するか?」は さておき...
ビジネスで OneNoteを利用するのであれば、もしかしたら印刷も必要になるかも?
少しでも 印刷する可能性があれば、用紙サイズを設定しておいた方が無難です。

「サイズ:自動」でたくさんページを作ったあとに、「やっぱり A4」にするには 各ページごとに以下の操作で、用紙サイズ変更が必要です。
1) (クライアントPCの)OneNote 2016で ノートブックを開く
2) 上部 [表示]タブ、[用紙サイズ]をクリック
3) 左側 「用紙サイズのパネル」で サイズを「A4」に変更




OneNote 2016ノートブックの履歴、ページバージョン

OneNote Tips : 2017.09.12 Tuesday

OneNoteの履歴

OneNoteには「履歴」という便利な機能があります。上部リボン[履歴]タブの[最近の変更]をクリックすると、期間ごと(今日、昨日以降、過去7日間、過去14日間、過去30日間、過去3か月、過去6か月)の履歴表示ができます。

OneNote history

OneNoteの履歴は、Wordの履歴に似ています。履歴を表示すると、「どこを編集したか」がハイライト表示されます。編集箇所が少ない場合は、その編集の要/不要を考えるのには役立ちます。編集箇所が多い場合は、ほとんどハイライト表示になるので、期間を限定するなどの工夫が必要です。

OneNoteのページバージョン

OneNoteには「ページのバージョン」という機能もあります。上部リボン[履歴]タブの[ページのバージョン]をクリックすると、5つのサブメニューがあります。

OneNote Page Version

1) ページのバージョン
・バージョンを見たいページで、[ページのバージョン]をクリックすると、日付ごとに「誰が」「どこを」更新したかがわかります。
・バージョンページの上部には、黄色バーが表示されます。

OneNote Page Version message

古いバージョンのページです。いずれは削除されます。このバージョンをメイン ページとして復元するか、その他のオプションを確認するには、ここをクリックしてください。

・バージョンページを右クリックすると、さらにサブメニューが表示され、復元・コピーなどができます。

OneNote Page Version Menu

> バージョンの復元
> バージョンの削除
> ページのコピー先
> セクション内のすべてのバージョンを削除
> セクション グループ内のすべてのバージョンを削除
> ノートブック内のすべてのバージョンを削除
> このノートブックの履歴を無効にする
> ページのバージョンを表示しない

2) セクション内のすべてのバージョンを削除
・クリックすると、セクション内のすべてのバージョンが削除されます。

3) セクション グループ内のすべてのバージョンを削除
・クリックすると、セクション グループ内のすべてのバージョンが削除されます。
・セクショングループがある場合に有効なメニューです。

4) ノートブック内のすべてのバージョンを削除
・クリックすると、ノートブック内のすべてのバージョンが削除されます。

5) このノートブックの履歴を無効にする
・前述の「履歴」機能を無効にします。




個人用 OneDrive上のOneNoteノートブックを OneNote Onlineで開くショートカットを作る方法

OneNote Tips : 2017.05.27 Saturday
タイトルがとても長いのですが・・・。

OneNote Onelineのショートカットを作って、パソコンから直接 Oneline Onlineで OneNoteノートブックを開くのを楽にする方法です。

2つのステップがあります。
STEP-1: OneDriveでの操作
STEP-2: ローカルPCでの操作

STEP-1: OneDriveでの操作

まず OneDriveにサインインして、OneNoteノートブックがなければ[新規]-[OneNoteノートブック]で作成します。
OneNoteノートブックの作成

次に、作成したOneNoteノートブックをチェックして [共有]をクリック。
OneNoteノートブックのURL取得1

共有のダイアログが表示されたら、[このリンクを知っていれば誰でもこのアイテムを閲覧できます]をクリックして 「編集を許可する」のチェックを外して [コピー]。
OneNoteノートブックのURL取得2

この時点で、コピーペーストバッファには、OneNoteノートブックへのURLがコピーされています。

共有のダイアログ 右上の[×]をクリックして閉じます。

STEP-2: ローカルPCでの操作

OneNote OnlineでOneNoteノートブックを開くためのURLをコピーしたら、ローカルPCのデスクトップで 右クリック [新規作成]-[ショートカット]をクリック。
ショートカット作成1

ショートカットの作成ダイアログで Ctrlキー+Vキー を押して、先ほど取得したURLをペーストして [次へ]をクリック。
ショートカット作成2

ショートカットの名前を入力して [完了]をクリック。

出来上がった ショートカットをダブルクリックすると、OneDrive上のOneNoteノートブックが OneNote Onlineで開きます。(Microsoftアカウントにサインインしていない場合は、サインイン画面でサインイン後に OneNote Onlineが開きます。)


【最近の投稿記事】




   風水吉凶方位 |  奇門遁甲 |  金運神社 |  金運本 |  気場 |  水族館 |  イルカ |  ペンギン |  クラゲ |  仏像 |  論語 | 
   般若心経 |  日本庭園 |  二十四節気 |  菜根譚 |  城郭
   情報共有(SharePoint) |  OneNote活用 |  サーバー監視 |  イベントログ |  IT資産管理 |  技術TIPS