OneNote 2016/Online へのリンクの違いを理解する

OneNote Tips : 2017.04.26 Wednesday
OneNoteノートブック、セクション、ページを 自分以外に共有(Share)する場合や、OneNoteの特定ページをいきなり 開きたい場合には、「OneNoteへのリンク」が重宝します。OneNoteノートブック内でのページ遷移などにも「OneNoteへのリンク」は有用です。

「OneNoteへのリンク」は、OneNoteクライアントアプリケーションごとに 作成されるリンクが異なります。

OneNote クライアントアプリケーションの種類

OneNoteファイルにアクセスする OneNoteクライアント アプリケーションには、大別して3種類があります。
(1) PCにインストールして使う「OneNote 2016」
(2) Office365などのクラウド上のサービスを Webブラウザ経由で使う「OneNote Online」
(3) Android/iPhoneにインストールして使う「OneNoteアプリ」

(1) > (2) > (3) の順に、使える機能が制限されていく感じです。
「OneNote 2016」に ある機能が、「OneNote Online」では機能が無い などのように。

OneNote 2016で作ったリンク

OneNote 2016では、ノートブック、セクショングループ、セクション、ページへのリンクが作れます。
但し、ローカルPC上のOneNoteファイルにアクセスするためのリンクですので、OneDrive/SharePointにOneNoteファイルがある場合には リンクが機能しません。OneNoteノートブックを別の場所に移動した場合にも、リンクが機能しませんので注意してください。

OneNote 2016 ノートブックへのリンク

ノートブック上で右クリックして [ノートブックへのリンクをコピー]で、リンクが取得できます。
OneNote-link-01
OneNoteページのどこかで 右クリック [貼り付け]で、リンクが表示されます。

ノートブックへのリンクは、以下の書式です。
onenote:///C:¥Users¥(UserName)¥Documents¥OneNote%20ノートブック¥(NotebookName)

「onenote:///」で始まる OneNote独自のURIです。Outlookなどの Officeアプリケーションでは 通用しますが、Webブラウザなどでは 通用しないURIです。
「onenote:///」に続くアドレスは、ローカルPC上のパスです。UserName部分には Windowsユーザー名が入るので、ユーザーが異なる場合には、パスが無効になります。

OneNote 2016 セクショングループへのリンク

セクショングループ上で右クリックして [セクショングループへのリンクをコピー]で、リンクが取得できます。
OneNote-link-02
OneNoteページのどこかで 右クリック [貼り付け]で、リンクが表示されます。

セクショングループへのリンクは、以下の書式です。
onenote:///C:¥Users¥(UserName)¥Documents¥OneNote%20ノートブック¥(NotebookName)¥(SGName)

ノートブックへのリンクと同様に、OneNote独自のURIで、ローカルPC上のパスです。

OneNote 2016 セクションへのリンク

セクション上で右クリックして [セクションへのリンクをコピー]で、リンクが取得できます。
OneNote-link-03
OneNoteページのどこかで 右クリック [貼り付け]で、リンクが表示されます。

セクションへのリンクは、以下の書式です。
onenote:///C:¥Users¥(UserName)¥Documents¥OneNote%20ノートブック¥(NotebookName)¥(SGName)¥
(SectionName).one#section-id={(GUID)}&end

ノートブックへのリンクと同様に、OneNote独自のURIで、ローカルPC上のパスです。
ノートブック、セクショングループのフォルダ名の後に、セクションファイル名とIDが付加された書式です。

OneNote 2016 ページへのリンク

ページ上で右クリックして [ページへのリンクをコピー]で、リンクが取得できます。
OneNote-link-04
OneNoteページのどこかで 右クリック [貼り付け]で、リンクが表示されます。

ページへのリンクは、以下の書式です。
onenote:///C:¥Users¥(UserName)¥Documents¥OneNote%20ノートブック¥(NotebookName)¥(SGName)¥
(SectionName).one#(PageName)§ion-id={(GUID)}&page-id={(GUID)}&end

ノートブックへのリンクと同様に、OneNote独自のURIで、ローカルPC上のパスです。
ノートブック、セクショングループのフォルダ名の後に、セクションファイル名と ページIDが付加された書式です。

OneNote Onlineで作ったリンク

OneNote Onlineでは、ノートブック、ページへのリンクが作れます。
セクションへのリンクは、ページへのリンクで代替するしかないようですね。

OneNote Online ノートブックへのリンク

OneNote Online ノートブックへのリンク取得方法は、少し難しいです。以下の手順で リンクが取得できます。
 手順 1) 上部の[ファイル]タブ
 手順 2) 左側の[共有]、右側の[ユーザーと共有]
 手順 3) 左側の[リンクを取得]
SharePoint/OneDriveの設定、バージョンによっては [リンクを取得]までの経路が異なります。また、取得できるリンクの種類も 編集リンク、制限付きリンクなど 異なる場合があります。
OneNoteページのどこかで 右クリック [貼り付け]で、リンクが表示されます。

ノートブックへのリンクは、以下の書式です。
https://(Domain)/(Site)/(Library)/(NotebookName)?d=(GUID)

Webサイトなどで使われている一般的なURIです。
末尾の「?d=(GUID)」を指定すると、OneNote Onlineで開き、「?d=(GUID)」を指定しないと OneNote 2016で開きます。

OneNote Online ページへのリンク

ページ上で右クリックして [このページへのリンクをコピー]で、リンクが取得できます。
OneNote-link-05
OneNoteページのどこかで 右クリック [貼り付け]で、リンクが表示されます。

ページへのリンクは、以下の書式です。
https://(Domain)/(Site)/_layouts/15/WopiFrame.aspx?sourcedoc={(GUID)}
&action=edit
&wd=target(//(SectionName).one|(GUID)/(PageName)|(GUID)/)

Webサイトなどで使われている一般的なURIです。
ノートブックは sourcedocパラメータで GUID指定されていて、セクションファイル名とページ名と GUID指定という複雑なパラメータになっています。


最近の投稿記事


OneNote Tips Menu】
OneNote
概要
OneNoteとは?
OneNoteの同期
OneNoteのファイル構造(1)
OneNoteのファイル構造(2)
OneNoteはOffice製品の一員
OneNoteとWordの比較
OneNoteとExcelの比較
OneNoteとPowerPointの比較
OneNote モバイルアクセス
個人向け PC用のOneNoteアプリ
OneNoteと付箋(Sticky Notes)の比較
OneNote
書籍
ひと目でわかる OneNote 2013
はじめての OneNote 2013
できるポケット OneNote 2013
できるポケット OneNote 2016/2013
ひと目でわかる OneNote 2016
ゼロからはじめる OneNote 2016/2013
OneNote
Tips
OneNote へのリンク
OneNote 目次ファイル
OneNote ファイル配置場所
OneNote バックアップ
OneNote キャッシュ
OneNote ファイル保存先の変更
OneNote テンプレート
OneNote 既定フォント
OneNote ごみ箱
OneNote ショートカット
OneNote 履歴とバージョン
OneNote 用紙サイズ
OneNote YouTubeプレイリスト
OneNote エクスポート
OneNote パスワード保護、ロック
OneNote ショートカットキー
OneNote サイト間コピー、移動
OneNote バージョンの数
OneNote JavaScriptプログラミング
OneNote ファイルの成長率
OneNote
Problem
OneNoteページタイトル入力できない
OneNote Androidアプリ漢字表示
SharePointライブラリ チェックアウト必須はNG




   風水吉凶方位 |  奇門遁甲 |  金運神社 |  金運本 |  水族館 |  仏像 |  論語 |  般若心経 |  庭園 |  二十四節気 |  菜根譚 | 
   SharePoint活用 |  OneNote活用 |  サーバー監視 |  イベントログ |  IT資産管理 |  技術TIPS