OneNote 2016 ごみ箱は 普段は目立たないが困ったときに助かる機能

OneNote Tips : 2017.05.18 Thursday

OneNote 2016 ごみ箱 の仕様

OneNote 2016には ごみ箱があります。Windowsや、SharePointなどにある ごみ箱と同じように、ユーザーが削除したページなどを 一時保存してくれる場所です。

OneNote 2016 上部リボン [履歴]タブの中に 「ノートブックの ごみ箱」があります。
OneNote 2016 ごみ箱

メイン画面で ノートブックを右クリックして[ノートブックの ごみ箱]でも、ごみ箱にたどりつけます。

ごみ箱の仕様は、ノートブック単位 「60日間 保持」。なので、ページなどを削除して、ごみ箱に入ってから 61日で完全削除されます。

普段は目立たない場所にあって、2ヶ月ぐらいで自動的に空っぽになるのですが、「やっぱり 今の削除は 元に戻したい!」という時などに役立ちます。

60日間で完全削除ということを知らないと、「無駄に ごみ箱を空にする操作をしたり」、「復元できないっと思って諦めたり」っということが起きるかと。

OneNote 2016 ごみ箱 は OneNote_RecycleBinフォルダ

OneNote 2016 ごみ箱は、物理的には OneNoteノートブック(フォルダ)の下に OneNote_RecycleBin サブフォルダができて その中に セクションファイル、目次ファイルなどが保持されます。
OneNote 2016 ごみ箱フォルダとファイル

削除されて ごみ箱に入っているページは、OneNote_DeletedPages.one というファイルにまとめられて管理されているみたいですね。ごみ箱からページを復元すると、このファイルで保持しているデータを元に ページを復元する仕組みのようです。

(2017/05/23 追記)
OneNote Onlineにも ごみ箱ありますね。
OneNote ページを削除すると、ごみ箱に入って、ごみ箱から復元できますね。
OneNote セクションを削除すると、ごみ箱には入らず、完全削除なんですね。
セクションの削除は気をつけないといけませんね。





   風水吉凶方位 |  奇門遁甲 |  金運神社 |  金運本 |  気場 |  水族館 |  イルカ |  ペンギン |  クラゲ |  仏像 |  論語 | 
   般若心経 |  日本庭園 |  二十四節気 |  菜根譚 |  城郭
   情報共有(SharePoint) |  OneNote活用 |  サーバー監視 |  イベントログ |  IT資産管理 |  技術TIPS