OneNote 2016 と Windows 10 付箋(Sticky Notes)を比較、使い分ける

OneNote 概要 : 2018.10.05 Friday
OneNote VS Sticky Notes

簡単にメモを残すツールとして かなり前のWindowsから存在する「付箋」というアプリケーションソフトがあります。登場した時は、フリーソフトなどでしたが Windows 10では標準ツールとして組み込まれています。最新の Windows 10では 「Sticky Notes」という名前で、6色の付箋が色々つくれて、最新バージョンではフォント色なども変えられるようです。
Windows 10 Sticky Notes

Windows 10 付箋(Sticky Notes)については、さまざまなサイトで紹介されているので、そちらを参照していただくのがよろしいかと。
Windows10の付箋(Sticky Notes)の起動方法
Sticky NotesがV3.0に!Windows 10付箋⇒Sticky Notes

付箋(Sticky Notes)の長所は、すぐにメモを残せる「機動力」ですね。単純なキーワードだけでよければ、デスクトップに貼ってある付箋に キーボードですぐに入力できるので、メモ帳アプリや OneNote 2016などと比べると楽ちんです。

付箋(Sticky Notes)の短所は、多量のデータ管理ができない点、階層的な管理が難しい点ですね。画面上にペタペタ貼るアプリケーションなので、画面サイズまでしか メモれません。そして、色々なToDoなどを記載していっても、いっぱいになると見落としが出てきますね。階層的な管理は 色分け管理ぐらいしかできず...用途が限定される感じです。

付箋(Sticky Notes)と比較して、OneNote 2016が勝っている点は「階層管理」「多量データ管理」です。とりあえず付箋で一時保存しておいて、あとからOneNoteにまとめていくという利用方法もあります。


最近の投稿記事


OneNote Tips Menu】
OneNote
概要
OneNoteとは?
OneNoteの同期
OneNoteのファイル構造(1)
OneNoteのファイル構造(2)
OneNoteはOffice製品の一員
OneNoteとWordの比較
OneNoteとExcelの比較
OneNoteとPowerPointの比較
OneNote モバイルアクセス
個人向け PC用のOneNoteアプリ
OneNoteと付箋(Sticky Notes)の比較
OneNote
書籍
ひと目でわかる OneNote 2013
はじめての OneNote 2013
できるポケット OneNote 2013
できるポケット OneNote 2016/2013
ひと目でわかる OneNote 2016
ゼロからはじめる OneNote 2016/2013
OneNote
Tips
OneNote へのリンク
OneNote 目次ファイル
OneNote ファイル配置場所
OneNote バックアップ
OneNote キャッシュ
OneNote ファイル保存先の変更
OneNote テンプレート
OneNote 既定フォント
OneNote ごみ箱
OneNote ショートカット
OneNote 履歴とバージョン
OneNote 用紙サイズ
OneNote YouTubeプレイリスト
OneNote エクスポート
OneNote パスワード保護、ロック
OneNote ショートカットキー
OneNote サイト間コピー、移動
OneNote バージョンの数
OneNote JavaScriptプログラミング
OneNote ファイルの成長率
OneNote
Problem
OneNoteページタイトル入力できない
OneNote Androidアプリ漢字表示
SharePointライブラリ チェックアウト必須はNG




   風水吉凶方位 |  奇門遁甲 |  金運神社 |  金運本 |  水族館 |  仏像 |  論語 |  般若心経 |  庭園 |  二十四節気 |  菜根譚 | 
   SharePoint活用 |  OneNote活用 |  サーバー監視 |  イベントログ |  IT資産管理 |  技術TIPS